flint>flint blog>2006年>12月>21日>モス読書

モス読書

帝都物語 第参番

帰宅時刻が遅くなると、夕食を作るのが面倒。 そんなときは、読みかけの本を携えて近所のモスバーガーへ。

コーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読む時間にシアワセを感じているこの頃です。 先月まではリチャード・ドーキンス『盲目の時計職人』、今月からは荒俣宏『帝都物語』を読んでいます。現在第弐番のまんなかあたりですが、魔人加藤の暴走っぷりから目が話せません。

インターネットであちこち検索・散策するのも面白いですが、読書はまた趣を異にした愉しみがあるものです。

成田 (スパモッチ最強論者)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

投稿者
URI
メールアドレス
表題
本文