flint>flint blog>2008年> 8月> 8日>不合理

不合理

Key & Knot

プログラマから見ると、世の中は「不合理」な制度に満ちています。 例えば、暦 (こよみ) に関する決まり事について言えば...

元号
元号ごとの境界の位置が非常に不規則であるため、差計算がしづらい。 (昭和56年は何年前でしょう?) さらに、現在の元号の持続期間が定かでなく、次の元号の名称も未定であるため、元号が変わるたびにシステムに変更を加える必要が生じます。
国民の祝日
体育の日 (10月の第 2月曜日) のような、年によって変動する祝日の日付を計算するのが面倒。 なぜこのような複雑なルールを導入したのか未だに理解できません。
サマータイム
日本では (現在のところ) 導入されていませんが、これがもし導入されるとなると、各種コンピュータシステムでの (特に切り替え時における) 混乱が発生することは想像に難くありません。 新聞やニュースなどで度々報じられる「サマータイム議論」に戦々恐々としているプログラマ・システムエンジニアも多いのではないでしょうか。

この他にも、「世紀は 0から始めれば楽だったのに。」とか、「60進法なのに、その下は10進法で表記するのは何故か?」 など、合理性・一貫性を欠く制度への疑問・不満は尽きません。

成田 (本気で憤っているわけではありません。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

投稿者
URI
メールアドレス
表題
本文